大阪豊中市にあるピアホーム建設の営業スタッフNEWS

これは、ピアホーム建設(株)の営業部のブログで皆様に、色々な情報をお伝えする為に開設しました。 3日坊主にならぬ様がんばります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

住宅もエコポイント始まります!

いよいよ具体化されて来ました住宅エコポイント!

今日現在の内容をお知らせ致します。

地球温暖化対策で、家庭からの二酸化炭素(CO2)排出削減を促す「住宅版エコポイント」の概要が24日、発表されました。
住宅の断熱性能を高めて冷暖房のエネルギー消費を抑えることなどが狙い。
産業部門に比べて家庭部門の排出削減は遅れ気味で、すでに運用している家電製品対象のエコポイント制度と合わせ、排出削減が加速すると期待されています。
政府が発表した概要では、省エネ効果の高い住宅の新築は今月8日以降、改修は来年1月1日以降に着工したものが対象になる。戸建て新築住宅で30万円相当のポイント付与を検討しており、マイホーム購入を考える人には大きな魅力!。

 住宅版エコポイントは、二重サッシや断熱壁を導入する改修、一定の省エネ基準を満たした新築住宅にポイントを付与されます。
また、断熱改修と併せて手すりの設置などバリアフリー改修を行った場合も、追加でポイントの対象になるとの事。

 ポイントの交換商品はこれから募集するが、全国で使える商品券やプリペイドカード、地域産品など、すでに実施されている家電エコポイントと同様のものになる見通です。

 家電版に比べてポイントが高額になるため、国土交通省は、改修の際に、同時に行う別の改修工事などにもポイントを使えるようにすることも検討している。

 家庭部門からのCO2排出量は、2008年度で1億7200万トンで、日本の全排出量12億1600万トンの約14%を占める。産業部門の約35%に比べて小さいが、1990年よりも34.7%増加している。2020年までに90年比25%削減するという日本政府の目標を実現するためには、相当の削減努力が求められる。

 5月に始まった家電エコポイントは、消費電力の多いテレビ、エアコン、冷蔵庫にポイントを付け、家庭内の省エネ化を促した。家電版ではこれまでに、828億円相当(12月23日現在)のポイントが発行されている。
住宅は家電ほど多くの販売数が見込めないが、排出削減効果や経済波及効果が大きいと見込まれています。


スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

  1. 2009/12/25(金) 20:40:12|
  2. 営業スタッフちょこっと日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユニキューブ守口断熱工事! | ホーム | セルロースファイバーが受賞!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piahome.blog32.fc2.com/tb.php/219-3c06b058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

営業部 前田です。

Author:営業部 前田です。
パソコン歴半年ですがブログ隊長に志願しました。
がんばって行きます。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。