FC2ブログ

大阪豊中市にあるピアホーム建設の営業スタッフNEWS

これは、ピアホーム建設(株)の営業部のブログで皆様に、色々な情報をお伝えする為に開設しました。 3日坊主にならぬ様がんばります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太陽光発電の訪問販売には気をつけて!

いよいよ売電価格が今までの倍で売れることになりました!

<太陽光発電>余剰電力倍額買い取り 11月1日にスタート
10月31日23時23分配信 毎日新聞

 政府は、家庭の太陽光発電で余った電力を電力会社が現在の2倍の価格で買い取る制度を1日にスタートさせる。太陽光発電の設備負担を軽減し、急速な普及を図る狙いだ。民主党政権は風力や水力などすべての再生可能エネルギーを買い取る新制度の創設を公約しており、2年以内の買い取り対象拡大を検討。温暖化対策の切り札にしたい構えだ。

 電力会社は自主的に家庭の太陽光発電を1キロワット時当たり24円前後で買い取っているが、新制度は同48円で10年間の買い取りを義務付ける。価格を2倍にするのは、設置費用を回収する期間を短縮させ、普及を促すため。普及で設置価格が下落すれば、買い取り価格も引き下げる。

 電力会社は1年間の買い取り費用を、翌年度の電気料金に上乗せして回収。設備がない家庭も含め、すべての電気利用者に薄く広く負担してもらう。来年4月から前年分が電気料金に転嫁される。11年度以降は1世帯当たり月30~100円程度になる見通し

しかし、太陽光発電の事をよく知ってから買わないと大変な事に!、、、

こんな記事がありました

太陽光発電装置:訪販トラブル急増「補助金対象」とウソ
 地球温暖化対策として国が普及を進めている住宅用太陽光発電装置で、訪問販売トラブルが急増している。経済産業省が08年度から復活させた補助金制度や、今年11月の余剰電力買い取り価格引き上げが誇大に説明されている例が多く、国民生活センターは7日、消費者に「制度の情報を収集して冷静な判断を」と呼び掛けた。

 センターによると、太陽光発電装置に関する08年度の相談件数は1719件と、前年度より21%増加。このうち8割以上が訪問販売でのトラブルで、09年度に入ってからは667件(9月15日現在)と、前年同期より32%増えている。

 相談例では、岡山県の40代男性が昨年秋、訪問販売業者に「電気を電力会社に買い取ってもらえるので、月々のローン返済が相殺される」と勧誘され、分割払いで230万円の装置を購入。だが実際の電力買い取り額は月400~1000円どまりだった。静岡県の30代男性は今春、業者に「国の補助金が受けられる」と説明されて450万円の装置を購入後、装置が補助の対象外だと分かった。「補助の対象に限りがある」と契約を急がせる業者もあるという。

 国や自治体の補助金制度は、システムの価格や最大出力などに一定の基準がある。また発電量は天候などにも左右され、業者の説明ほど多くないこともある。センターは「複数の見積もりを取り、納得できる業者と契約を」などと助言する。この問題では消費者庁も同日、実態把握のため調査に乗り出すと発表した

みなさんよく太陽光の事を調べてから購入しましょう!
スポンサーサイト
  1. 2009/11/01(日) 19:12:18|
  2. 会社&スタッフ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マンション改修工事完了! | ホーム | 完成保証制度取り扱い店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://piahome.blog32.fc2.com/tb.php/213-ce9aa742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

営業部 前田です。

Author:営業部 前田です。
パソコン歴半年ですがブログ隊長に志願しました。
がんばって行きます。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。